ZuluTrade

2006年に設立されたZuluTradeは、世界的なFX自動売買システム提供会社です。 
類似のシステムとしてFXDD AUTO、Forex System Selector (FSS)、らくちんFXなどが有名です。

口座数はすでに30,000以上を超えており2008年度における取引高150億ドル以上の大規模なトレーディングシステムを提供しています。

ZuluTradeに登録されているシグナルプロバイダーはすでに1,200を超えており、ユーザーは公開されている過去のトレード実績を元にシステムを選ぶことができます。

メタトレーダー4の自動売買とは違い、ユーザーは自分のパソコンでトレードする必要がありません。ZuluTradeのサイトにログインして設定画面から成績の良いシステムを選び組み合わせるだけで良いのです。

パソコンの電源を入れる必要がないので24時間パソコンを動かす必要もありませんし、ネット環境を強化する必要もありません。

いかに、良いシステムを選択するかという一点に集中することが出来るのがZuluTradeの魅力となっています。

ZuluTradeはブローカーと契約して手数料を受け取っているので、ユーザーはZuluTradeの利用に対して一切手数料を支払う必要がありません。ブローカーに支払うスプレッドの中にZuluTradeの利用料が含まれていると考えればわかりやすいと思います。

しかし、いくら無料で自動売買が出来るからといっていきなりリアルでトレードすることはお勧めできません。ZuluTradeにはデモトレードも用意されているので、まずはデモでシステムの使い方や本当に利益を上げることが出来るのかを検証してからでも遅くはないと思います。

デモ口座の開設方法

ZuluTradeの問題点としてトレードできるブローカーが限られているということが挙げられます。現時点ではFXDD,FXCM,Forex.com,iTradeFX,AVA FXの5つのブローカーのみとなっています。

今後、他のブローカーも参入してくるとは思いますがもう少し選択肢が増えてきてほしいものです。

ZuluTrade関連記事

無料の自動売買 ZuluTradeのデモ口座に登録

ZuluTradeでシグナルプロバイダーを追加する

ZuluTradeのシグナルプロバイダー選び

【ZuluTradeユーザーガイド】

ZuluTradeのデモ口座を開設

もしあなたが当社の革新的なシステムを試したいならば、zulutrade.comに訪問して”ライブ口座を開設する”を選択してください。このウェブサイトにおいて、あなたはデモ口座かライブ口座を開設することができ、デモ口座を選択すると仮想のUS$50,000が与えられてトレードすることができます。現在、当社では1ロットのスタンダード口座のデモしかありません。しかし、近い将来に0.1ロットのミニ口座のデモを開始し、より少ない資金でミニ口座を表示することができます。デモ口座は、当社のプラットフォームを実感する良い機会です。すべてのデモ口座は、120分遅れです。

ZuluTradeのライブ口座を開設

もしあなたが当社の革新的なシステムを試したいならば、zulutrade.comに訪問して”ライブ口座を開設する”を選択してください。このウェブサイトにおいて、必要事項を入力すると、すぐにあなたの口座開設は完了し、あなたは無料のシグナルを受信することができます。ミニ口座の最低入金額はUS$300です。しかし、当社としてはU$1,000以上入金することをお薦めします。もしあなたがスタンダード口座を開設するのであれば、US$15,000以上入金することをお薦めします。さらに、当社ではAUD口座、EUR口座、GBP口座、そしてJPY口座も提供しています。

あなたのFX会社の口座をセットする

Zulutrade.comを通して、あなたがライブ口座の開設を選択された際、当社と提携しているFX会社から多くの質問やリクエストに答えるよう指示されます。FX会社は、有効な身分証明書と住所照明を送信するよう要求します。さらに、LODフォームに必要事項を記入することを要求されます。口座開設プロセスは、すべての書類が正しく記入されていれば、通常2~3営業日で完了します。書類手続きが完了してFX会社に入金していただいた後すぐに、当社は自動的にあなたにログイン情報を送信して、あなたは当社の革新的なプラットフォームで自動売買を開始できます。

シグナルプロバイダーを選択して自動売買を始める

口座にログインすると、画面右下にある口座設定タブの下に”シグナルプロバイダーを追加”というアイコンに気付くでしょう。これをクリックすると、当社の膨大なシグナルプロバイダーを選択することができます。あなたは、あなたの口座にいつでもどのシグナルプロバイダーを選択することができ、いくつのシグナルプロバイダーを選択するかについて制限はありません。ほとんどのシグナルプロバイダーは、パフォーマンスページに名前が掲載されており、彼らの戦略についての説明書があります。 
さらに口座設定画面において、システムプロバイダーが選択されずに空欄になっている”システム”というバーがあるのに気付くでしょう。あなたが次々にシグナルプロバイダーを追加して口座残高が緑色から赤色に変わると、”あなたが選択したシグナルプロバイダーの数は多過ぎます”というメッセージが表示されます。あなたがどのシグナルプロバイダーをいくつ選択したとしても、当社による”選択したシグナルプロバイダーの数が多過ぎます”のメッセージが表示されたのにも関わらず、あなたの口座は選択されたシグナルプロバイダーによって運用されます。晒されているリスクについて告知することは、当社による予防的措置です。(このリスクは、顧客の口座残高、選択されたシグナルプロバイダーが1度に取り得るロット数により計算しています。)

口座の管理

顧客は、選択したシグナルプロバイダーのトレード方法について、口座を完全にコントロールすることができます。あなたの口座で自動売買をするシグナルプロバイダーを選択した後、あなたは以下のようにこのシグナルプロバイダーを管理することができます。最大オープンロット数を増やしたり減らすことにより、シグナルプロバイダーが一度の沢山のトレードをオープンできるか、もしくは少なくするか、あるいは一度に一つのトレードしかオープンできないようにもできます。また、シグナルプロバイダーが取引するトレードごとのロット数を変更することもできます。これによりトレードのスプレッドとボラティリティを拡大することができます。当社としては、口座残高と目指すROIを得るために必要なリスクに応じて、口座の設定をするようお薦めします。弊社には非常に膨大なシグナルプロバイダーの選択肢があるので、ライブ口座を開設する前に最低でも一つのデモ口座を開設して、いくつかのシグナルプロバイダーをテストして、その中からいくつかの満足できるシグナルプロバイダーを見つけることをお薦めいたします。

口座の設定にはどのような意味があり、どのように使うのか

あなたが顧客として操作できるほとんどの変更は、ログインしたときの口座設定タブの下にあり、他の変更は、オープンポジション、保留中の注文、そして最初にシグナルプロバイダーを選択するときにできます。まず、口座設定タブの使い方とすべての機能から見ていきましょう。

最大オープンロット数

この設定は、あなたの口座において一度にオープンでき、また保留できる最大ロット数に関することです。これは1から500までのドロップダウンメニューであり、また最終的には設定に制限はありません。そこで、あなたが2つのシグナルプロバイダーを選んで最大オープンロット数を5に設定したとしましょう。一方のシグナルプロバイダーは、2つのトレードをオープンしており、1つを保留にしていますので、都合3ロットになります。もう一方のシグナルプロバイダーは、2つのトレードをオープンにしていますので、すべて合わせて5ロットになります。これはあなたの最大オープンロット数の5に一致しています。もうこれ以上のトレードはオープンすることができず、また保留にすることもできません。したがって、どちらかのシグナルプロバイダーがポジションを追加したことを当社ウェブサイトのパフォーマンスページであなたが確認したとしても、それはあなたの最大オープンロット数を超えていたため、追加でポジションを取ることが許されなかったということです。

シグナルプロバイダーごとのロット数

各シグナルプロバイダーの次に”ロット数”というドロップダウンがあることに気付くと思います。これは、そのシグナルプロバイダーが取る各ポジションごとの最大ロット数に関することです。このドロップダウンは1から50まであります。先ほどの例と同じく最大オープンロット数を5とすると、一つのシグナルプロバイダーが2つのポジションをオープンすると2ロットとなり、シグナルプロバイダーごとのロット数は1に設定されたことになります。もしあなたが2に設定すると、これらの2ポジションは4ロットになり、あなたの口座ではまだ1ロットのポジションを取る余地があることになります。

ストップ/スタート ボタン

これは、ボタンが現在赤色か緑色かによって、あなたの口座が有効か無効かに関することです。あなたは、口座がトレードを受入れるのをストップするか、スタートするかをいつでも選ぶことができます。あなたが最初に口座を開設したとき、ボタンはすでに緑色でトレードを受入れる準備ができています。ストップを選ぶことにより、あなたの口座はトレードを受入れなくなります。

最大ロット数

この設定は、各シグナルプロバイダー名の次にあり、あなたの口座でシグナルプロバイダーが取ることのできる最大オープンロット数に関することです。最大オープンロット数を10として、2つのシグナルプロバイダーがトレードごとに1ロットを取り、最大ロット数は5で、それぞれのシグナルプロバイダーは一度に5ロットまでしか取ることができないので、あなたの口座は最大10オープンロットまでしか取れません。

設定

この設定は、各シグナルプロバイダーのはるか左にあります。この設定では、すべての取引可能な通貨ペアを新しいページで見ることができます。最初、ここでは1つの通貨ペアごとに1ロットを取るよう設定されています。しかし、この設定は変更可能であり、シグナルプロバイダーごとにトレードされる異なる通貨ペアごとにロット数を自由に変更することができます。

リバース

これは、あなたの口座で選択された各シグナルプロバイダー名の次にあるチェックボックスです。あるシグナルプロバイダーは良いシグナルを配信しないことは事実です。それどころか、かれらの市場見通しはあまりに間違っているので、かれらの反対のポジションを取ることにより利益を出すことができます。かれらが「買い」と言えば、あなたは実際に「売り」、逆もまた同様です。リバースすると、最悪なシグナルプロバイダーは最高のシグナルプロバイダーをも凌駕することがあります。リバースのチェックボックスにチェックを入れて、あなた自身の目でリバースで利益を出せることをご確認ください。

リミット、ストップ、トレール、ブレイクイーブン

この設定も、あなたの口座で選択された各シグナルプロバイダーの次にあります。リミットとは、あなたやシグナルプロバイダーが設定して、決められた利益を取るとトレードがクローズされます。ストップとは、あなたやシグナルプロバイダーが設定して、決められた損を出すとトレードがクローズされます。トレールとは、トレードが利益を出すごとにストップ値が移動するものです。ブレイクイーブンは、ストップが損益分岐点に行く前にトレードが何ピップの利益を出さなければならないかを示します。これらは、シグナルプロバイダーががあなたの口座でトレードしている際、口座設定ページにおいて、あなたが手動で設定することができます。

削除

この設定は、あなたの口座で選択されたすべてのシグナルプロバイダー名のはるか右にあります。このオプションを選択することにより、あなたの口座で自動売買しているシグナルプロバイダーを削除することができます。しかし、シグナルプロバイダーがすでに執行した、残っているオープントレードや保留中の注文は削除されないままです。これらはいつでも手動で削除することができます。

オープンポジション

これは、あなたの口座でシグナルプロバイダーが執行したシグナルです。ここで、現在のポジションが抱える利益や損失を見ることができます。オープンポジションタブの下にあるオープン中の各トレードは、あなたが望めば、設定されている値を変更することができます。トレードの現在の”ストップ”値をクリックすると、ポップアップ画面が立ち上がり、”ストップ”値を変更することができます。また、”リミット”値についても同様なことができます。さらに、トレードのはるか右には、”クローズ”ボタンがあり、クリックすると”本当によろしいですか?”が立ち上がり、さらにクリックするとトレードがクローズされ、オープンポジションタブから消えます。ときどきトレードをクローズするのに少し遅れがあることをご了承ください。いちどトレードのクローズを選択するとすぐにクローズされますが、ときどきオープンポジションタブに残ったままになることがあります。このようなときはページを更新すると、より正確にポジションがクローズされたことが分かります。

保留中の注文

このタブでは、シグナルプロバイダーが出したすべての保留中の注文を見ることができます。これらの注文は、通貨ペアの現在の価格とは違う価格で出されているため、価格がヒットするまでオープンポジションタブに出てきません。

トレード履歴

ここでは、あなたの口座でこれまでオープンしたりクローズしたすべてのトレード履歴を確認することができます。また、あなたに合うようにデータを表示するためのグラフとフィルターもあります。各トレードの”データオープン”をクリックするとポップアップ画面が立ち上がり、そのトレードが達した高値と安値を含めたグラフを見ることができます。また、そのトレードは成行でオープンしたのか、保留中の注文なのか、シグナルプロバイダーがクローズしたのか、それともあなたがマニュアルでクローズしたのか、などが表示されます。そして、あなたはトレード履歴画面にはフィルターがあることに気付くでしょう。グラフとデータをフィルターにかけて、シグナルプロバイダーをすべて表示したり、一つ一つ表示したりできます。これは通貨ペアについても同様にできます。さらに、履歴のうちどのデータを表示するかを自由に変更することもできます。

トレードを作成

ここでは、あなたは自由にマニュアルで発注することができます。あなたは、すべての通貨ペア、買いと売りの列、そして緑色と赤色に点滅した価格が上がったり下がったりしていることに気付くでしょう。もし、あなたがマニュアルで発注したいのであれば、ただ単に通貨ペアの買いか売りをクリックするだけでポップアップ画面が立ち上がります。この画面には、現在の市場価格とリミットとストップ設定があります。あなたは、”市場”チェックボックスのチェックを外すことにより、現在の市場価格を変えることができます。これにより違った価格で発注することができて、保留中の注文になります。また、あなたはこのポップアップ画面でストップ注文とリミット注文を出すことができます。あなたの望む価格情報を入力してOKをクリックすると、トレードが発注されてオープンポジションか保留中の注文になります。