46860.gif

トランプショックで一時大幅に買われた円ですが、その後驚異的なにV字回復を見せつけてくれました。2016年11月16日現在のドル円相場は109円超えとなり、米国大統領選前よりも高い水準となっています。今後のトランプ政権の舵取り次第で円安ドル高がさらに進むのか、ドル高円安に向かうのかが見えてくるとは思います。トランプ新大統領の経済建て直しの手腕に期待しているトレーダーは多いのですが、過激な言動により相場がある程度上下するのは覚悟しておいた方が良さそうです。

通貨の強さを図る指標に通貨インデックス(カレンシーインデックス)がありますが、ここ1か月のドルと円の関係を見るとドルがかなり強くなっているのがわかります。 

こうした通貨インデックスを調べる時に便利なのが マタフ(mataf.net)という投資情報サイトです。株や先物だけでなくFXの情報も発信しているので、情報収集のためにも抑えてきたいサイトですね。通貨インデックスがわかるページは Forex>Trading tools というカテゴリーにあるCurrency indexというページです。

Forex   Trading tools   Currency index

ドルや円のインデックス以外にもユーロ、ポンド、スイスフラン、カナダドル、豪ドル、ニュージーランドドル などの通貨のインデックスを簡単に調べることが出来ます。

2016-11-16_14h53_19.jpg

ポンドが強く円が弱い状況だというのがわかりますね。このグラフを見てしまうとイギリスの通販サイトよりもEA圏のショップから買った方がお得だというのがわかります(笑)

あまりにも乖離がひどいと反動で戻しもあると思いますが、基本的な通貨の強さを見てどの通貨ペアでトレードするかを決定するのには役立つのではないでしょうか。たしかForexTSDあたりでも通貨の強弱を知るためのMT4のインディケーターがあったと思います。

この指標だけでトレードできるわけではありませんが、その時の通貨の強さを知っておくことは必要だと思うのでブラウザのブックマークに加えておくことをお勧めします。