NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3社は12日、アップルの新型スマホである iPhone6S と iPhone6S Plus の予約を開始しました。
気になる価格の方ですが、3社横並びというわけではないようで注意が必要です。
ドコモ/iPhone 6s
MNP(「のりかえボーナス」適用)
8万2512円(16GB )
8万8992円(64GB )
8万8992円(128GB)
新規/機種変更
9万3312円(16GB)
9万9792円(64GB)
9万9792円(128GB)
au/iPhone 6s
MNP
8万4240円(16GB )
9万7080円(64GB)
10万9920円 (128GB)
新規/機種変更
8万4240円(16GB )
9万7080円(64GB)
10万9920円(128GB)
ソフトバンク/iPhone 6s
MNP
9万3600円(16GB )
10万6560円(64GB)
11万9520円 (128GB)
新規/機種変更
9万3600円(16GB )
10万6560円(64GB)
11万9520円(128GB)
「月々サポート」、「毎月割」、「月月割」を使っても実質0円にならないようですが、ドコモは「のりかえボーナス」の1万800円の割引により、iPhone 6sの16GBモデルが実質0円よりも安く購入できるようです。
ちょっとお高くなったiPhone6S と iPhone6S Plusですが、年度末になるとNMP一括0円などという形で放出してくれるショップも出てくるかもしれないですね。格安SIMの選択肢が増えたので、アップストアでSIMロックフリーのiPhoneを購入するという手もありますので、自分の使い方と相談してどこで購入するか決めた方が良さそうですね。
自分の場合は、データ通信量が月額1GBいくかいかないかというレベルなので、格安SIMの方がトータルで安くなるかもしれません。
米国でスタートする 「iPhoneアップグレード・プログラム」が今後国内でも始まる可能性があることを考えると、しばらくは様子見をするというのも選択肢としてはありかもしれませんね。

continue reading.....