MT4を採用しているブローカーに口座を開いている方はテクニカル分析にMT4を活用するのはもちろんですが、自動売買に興味を持っている方も多いのではないでしょうか。むしろ自動売買を始めたくてMT4を使っている方のほうが最近は多いのかもしれませんね。
MT4で自動売買可能な国内ブローカーも多くなってきたので当然の流れなのかもしれません。以前からMT4による自動売買に興味を持っていたのに海外のブローカーしか選択肢がなくて二の足を踏んでいたトレーダーにもいい環境が整ってきたわけですね。
MT4での自動売買に使われているEAというプログラムですが、最近では多くのプログラマーが開発しているおかげで良いものがポツポツと見受けられ るようになってきました。でも、使っているうちに「自分だったらここでクローズするようにプログラムするのになあ」などと不満が出てくることがあります。
特に経験のあるトレーダーほど不満に感じることが多いようで、中にはプログラム経験ゼロなのに一から勉強してEAを作成している人もいるくらいで す。自分の周りにも豊島先生の本を購入して一生懸命に勉強している人がいますが、簡単なロジックなら組めるようになったそうです。
しかし、多くの人にとってEAを作るためにプログラミングを一から勉強するなんてことは敷居が高く、出来れば避けて通りたい道です^^;
そんな人のために売買ルールを入力するだけでEAをプログラミングしてmq4ファイルとして出力してくれる便利なツールが提供されています。
有名なのがSkil.Up.FXのS.B.Tさんが作成したExpert Advisor Builderですね。これは無料のWebツールでブラウザ内の操作でEAを作成することが可能です。
Expert Advisor Builder
Expert Advisor Builderもインディケーターを組み合わせたり、TP,SL、トレーリングストップを使えたりとかなりのことが出来ます。あとから若干の修正を加えたりすることでかなり自由にロジックを組むことができるでしょう。
もう一つ紹介したいのはEAつくる君というソフト。こちらはブラウザ上で操作するのではなくPCにソフトをインストールして使用します。今回fx-onでEAつくる君を購入しましたのでこのソフトを使ってEAを作成していきたいと思います。
EAつくる君の説明は以下のとおりなのですが、なかなか面白いですね。
なんとリミットとストップの設定でATRやフィボナッチラインが使えます。単なる数値での設定よりも様々な相場に対応できるEAが作れるような予感を感じさせてくれますね。
もちろん、優れたロジックがあるというが前提となりますけど。
いいことばかりのようですが、EAつくる君はまったくの初心者を相手にしていません。最低でもMT4の操作、自動売買、テクニカル指標に関する知識などが必要になってきます。
ここをクリアできれば面白いソフトになりそうですね。
自動売買EA作成Windowsソフト(メタトレーダー4専用)決定版
EAつくる君
■特徴
1) FX各社の小数点桁数に対応しています。
2) 2段階(カウントダウン)注文方式に対応しています。
3) 自動作成されたEAのソースコードmq4を全て見る事ができます。
4) 一つのEAに最大5つの戦略が設定できます。
5) 売買時間帯、エントリー曜日設定が可能です。
6) トレイリングストップは3種類から選択できます。
[1]指定期間の高値安値の更新
[2]指定ATR期間での更新
[3]指定Pips利益による更新
7) 売買数量は、ロット又は、レバレッジ(複利運用)を選択できます。
・レバレッジ(複利運用)は、0.01単位からの設定が可能。
8) リミット(TP)、ストップ(SL)設定方法は4種類から選択できます。
[1]ATR倍率[パーセンテージ]
[2]Pips指定
[3]プライス指定[通貨ペアの実価格:実数]
[4]フィボナッチライン指定
9) FX会社に拘束されません。
10) リピートIFD注文EA(通称トラリピEA)の自動作成が可能です。
・リピートIFD注文指定価格「指値注文」
・買い売り両方を実施するリピートIFD作成可能。
・リピートIFD注文の値幅にPips指定可能。
・自動価格設定が可能
11) ドンチャンブレイクアウトの自動作成が可能です。
・時間枠の指定が可能。
・1枚掛けのみとなります。
・ロット指定は成行き注文と共通です。
12)さや取りの自動作成が可能です。
・通貨ペアは3種類と自由設定からできます。
・エントリーシグナルとして27種類の指標から一つが使用できます。
13)ナンピンマーチンゲールの自動作成が可能です。
・ナンピン回数は無制限で設定できます。
・マーチンゲールの倍率は無制限で設定できます。
・エントリーシグナルとして27種類の指標から一つが使用できます。
14) 下記の指標での組み合わせが可能です。(最大27)
01:移動平均交差
02:MACD
03:一目均衡表(基準線と転換線交差)
04:一目均衡表(雲抜け)
05:モメンタム
06:MFI
07:ボリンジャーバンド
08:移動平均線縮小拡大
09:VQ
10:Pivot
11:平均足
12:ADX(DMIとオシレーター法)
13:ATR
14:乖離率
15:OBV
16:CCI(コモディティチャンネル)
17:パラボリックSAR
18:ストキャステックス
19:ウイリアムズ%R
20:ローソク足判定(酒田五法)
21:ベガスホール
22:終値と移動平均交差
23:RSI
24:PLdot
25:RCI
26:ロウソク足長い髭
27:指定ロウソク足数ブレイク
15) 時間設定のできる指標の時間枠は下記9種類可能です。
・1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足
・4時間足、日足、週足、月足
16) MACD指標に複数の時間枠が一致した時点にて売買シグナルを出す設定が可能です。
17)決済条件とは別に「タイムリミット決済」が追加可能。
18) 決済条件を指定した売買戦略に対してリバース(どてん)の設定が可能。
19) 乖離率指標の計算をEMA(指数平滑)した値に変更。又、設定値に対してマイナスプラスの指定が可能。
20) 売買フィルターとして8パターンから1つ選択可能。
2つの移動平均上下位置関係
ATR縮小拡大
2つの移動平均逆上下位置関係
1つ前の終値と移動平均上下位置
1日前のレンジサイズによる判定
MACDとシグナル上下位置
4つの異なる時間枠MAと終値上下位置
※時間枠の設定変更は、自動作成後のパラメーターで可能。
2つのモメンタム移動平均上下位置
21) 売買オーダー数量設定パターンの自由度が広い。
買いだけ、売りだけ、買いと売り合わせた数量
22)一つのEAに入れるストラテジー毎に売買指定が可能
23) 指標により詳細な設定が可能です。
24) 39ページに及ぶ詳細なユーザーマニュアルPDFファイルが付属します。

continue reading.....